Self-introduction


      

HOMEのクリックでトップページへ戻ります

tytle

        そろそろ、自己紹介をしようと思います。Funabaとは、FUNAGENとは何者なのか、
      思い切って述べることにしました。
        それから、私が最近二年半の間に読んだ本についても、読書歴を公開しました。
      今まで発表したエッセイの一覧も掲載しました。

私の歩んだ80年

自己紹介します

  私は1936年4月5日、サハリン(昔の樺太)で生まれました。終戦になり、北海道へ引き上げてきました。その時の話はここでは長くなりますのでふれません。ただ大変な目にあったことだけは確かです。当時は小学校3年でした。  引き上げ後は、北海道のあちこちを転々として、最後は夕張市に落ち着きました。夕張の小・中・高校と過ごしました。卒業後の経歴は以下が概略です。
昭和35年北海道学芸大学(現在北海道教育大学)を卒業しました。専攻は教育心理学、数学です。
 卒業後夕張市立若菜小学校に赴任、3年後に札幌市の小学校に転勤し、札幌市立屯田小学校、宮の森小学校、曙小学校、大通小学校と歴任、その後札幌市立八軒北小学校教頭の後、北海道教育大学附属札幌小学校副校長(昭和63度)に転出、札幌市立前田中央小学校校長(平成2年度)、同三角山小学校校長(平成5年度)、同中央小学校校長(平成7年度)と歴任。
 教諭時代は、札幌市教育研究協議会副理事長、校長時代は、札幌市校長会では経営研究部長、数学教育関係では北海道算数数学教育会小学校部会長などの任にあたりました。平成9年3月31日、定年退職しました。退職後は、長い間札幌市で町内会(自治会)の会長をやっていました。2011年( 平成23年)に東京都調布市に転居しました。現在調布市在住です。船場 幸二

私のライフスタイル

hana  現職時代は、写真やスキーが趣味で楽しんでいました。結構、読書も楽しんでいたように思います。退職後の相棒「ゲン(ラブラドール)」との生活も楽しい思い出です。(FUNAGENの由来はこのGENとFUNABAのFUNAにあります。)平成23年に札幌市から東京都調布市に転居、現在に至っています。  今は、自然とのふれあいを求めてデジカメ持って出かけたり、読書にいそしみ、自分の考えを求めての日々です。学生時代は専攻は教育心理学ですが、数学が教師としての専門の教科でした。  今も、数学とは何か、哲学、歴史、政治学、社会学など、どりちかと言えば文系でしょうか。勿論自然科学にも興味があります。 ホームページは、79歳の時、自分で独学で作成しました。(マニュアル本は使いましたが)それにフォトギャラリーとして、私の撮りためたフォトを発表しています。他にブログで、「FUNAGENのデジカメ散歩」や「FUNAGENノート」を発表しています。  最近は、読書やエッセイにも挑戦しています。そのきっかけは、「数学の精神」(加藤文元著・中公新書)、「数学者の哲学・哲学者の数学」(砂田利一・長岡亮介・野家啓一の対談・東京図書)、そしてなによりも、「現代の超克ー本当の「読む」を取り戻す」(中島岳志・若松英輔・ミヤマ社)の存在が大きかったと思います。私の読んだ本は、「私の読書旅」ということで、この次のページで紹介しました。また、エッセイ一覧もあります。よろしければ、どうぞ!

    kato3  kato4  kato5

私の読書旅

 

ここ二年半あまりで読んだ本ー順不同ー

 hana読書の旅(読書一覧)順不同
1 問題は英国ではない。EUなのだ 二一世紀の新・国家論
(エマニアル・トッド 堀茂樹訳・文春新書)
2 いま世界の哲学者が考えていること(岡本裕一郎・ダイヤモンド社)
3 反民主主義論 (佐伯啓思・新潮新書)
4 秩序なき時代の知性 (佐藤優 対話・ポプラ社)
5 現代思想ガイドブック ジル・ドゥルーズ
(クレア・コールブルック 国分功一郎訳・青土社)
6 アメリカ 異形の制度空間 (西谷修・講談社選書メチエ)
7 信じられる未来の基準 起死回生の読書(澤野雅樹・言視舎)
8 リクール読本(鹿島 徹 越門勝彦 川口茂雄・法政大学出版局)
9 グローバリズム以降 アメリカ帝国の失墜と日本の運命
(エマニュエル・ドット・朝日新書)
10 フーコー ジル・ドゥルーズ(宇野邦一訳・河出文庫)
11 啓蒙とは何か他四編 (カント・篠田英雄訳・岩波文庫)
12 世界史の構造(柄谷行人・岩波現代文庫)
13 意識と本質 精神的東洋を索めて(井筒俊彦・岩波文庫)
14 人物で語る数学入門(高瀬正仁・岩波新書)
15 ケンブリッジ数学史探偵(北側智子・新潮新書)
16 考えるヒント  (小林秀雄・文春文庫)
17 考えるヒント2 (小林秀雄・文春文庫)
18 考えるヒント3 (小林秀雄・文春文庫)
19 思索の淵にて(茨木のり子 長谷川宏・河出文庫)
20 リベラル再起動のために(北田暁大 白井聡 五野井郁夫・朝日新聞出版)
21 知性とは何か (佐藤優・祥伝社新書)
22 人間・この劇的なるもの(福田恆存・新潮文庫)
23 政府はもう嘘をつけない(堤末果・角川新書)
24 グローバリズムが世界を滅ぼす(エマニュエル・ドット他・文春新書)
25 「歌」の精神史 (山折哲雄・中公文庫)
26 あたらしい「この国のかたち」(平田オリザ・講談社現代新書)
27 音楽の聴き方 (岡田暁生・中公新書)
28 生きる哲学  (若松英輔・文春新書)
29 戦後政治を終わらせる(白井聡・NHK出版新書)
30 文化人類学入門 (祖父江孝男・中公新書)
31 科学者が人間であること(中村桂子・岩波新書)
32 世界「最終」戦争論ー近代の終焉を超えてー
(内田樹 カンサンジュン・集英社新書)
33 カモラレルな! (堀内進之介・集英社新書)
34 資本主義の終焉と歴史の危機(水野和夫・集英社新書)
35 数学する精神 (加藤文元・中公新書)
36 生物学的文明論 (本川達雄・新潮新書)
37 知の構築とその呪縛(大森荘蔵・ちくま学芸文庫)
38 おくのほそみ道 (松尾芭蕉・角川ソフィア文庫)
39 日本人と日本文化(司馬遼太郎 ドナルド・キーン・中公新書)
40 愛国の信仰の構造(中島岳志 島薗進・集英社新書)
41 ヤンキー化する日本(斉藤環・角川アンテーマ21)
42 イスラームとは何か (小杉泰・講談社現代新書)
43 森は考える(エドゥアルド・コーン 奥野克巳他訳・亜紀書房)
44 森の思想が人類を救う (梅原猛・PHP研究所)
45 分断社会・日本 (井手英策 松沢裕作・岩波ブックレッド)
46 大停滞の時代を超えて(山崎正和・中央公論新社)
47 戦後日本の思想運動 (池田元・講談社)
48 ぼくらは未来にどうこたえるか(大澤真幸 小野善康 中島岳志・左右社)
49 現代日本の四つの危機(哲学からの挑戦 斎藤元紀・講談社選書メチェ)
50 現代の超克ー本当の「読む」を取り戻すー中島岳志 若松英輔・ミヤマ社)
51 カタストロフからの哲学 ージャン=ピエール・デユ ピュイをめぐってー
(渡名喜康哲 森元康介・以文社)
52 有限性の後で 偶然性の必然性についての試論
(カンタン・メイヤスー 千葉雅也他訳・人文書院)
53 戦後思想の光と影(三浦信孝編・風行社)
54 日本戦後史論(内田樹 白井聡・徳間書店)
55 新考えるヒント (池田晶子・講談社)
56 オン!埴谷雄高との若き日の対話 (池田晶子・講談社)
57 犬の力を知っていますか! (池田晶子・毎日新聞出版)
58 池田晶子・不滅の哲学(若松英輔・タランスビュー)
59 知の現在と未来 (広井良典他・岩波書店)
60 文明の衝突 (サミエル・ハンチントン 鈴木主税訳・集英社)
61 デクノボーになりたい 私の宮沢賢治 (山折哲雄・小学館)
62 叡智の詩学 小林秀雄と井筒俊彦(松英輔・慶応義塾大学出版会)
63 おくのほそ道 (萩原恭男 校注・岩波書店)
64 人間の生き方、ものの考え方 (福田恆存・文藝春秋)
65 科学・技術の危機 再生のための対話 (池内了 島薗進・合同出版)
66 永続敗戦論 (白井聡・太田出版)
67 「リベラル保守」宣言 (中島岳志・新潮社)
68 日本文明とは何か(山折哲雄・角川ソフィア文庫)
69 暇と退屈の倫理学 (国分功一郎・太田出版)
70 最後の親鸞 (吉本隆明・ちくま学芸文庫)
71 入門 哲学としての仏教(竹村牧男・講談社現代新書)
72 ランボオ詩集 アルチュール・ランボオ(小林秀雄・創元ライブラリー)
73 ロラン・バルト(石川  美子・中公新書)
74 新唐詩選 (吉川幸次郎 三好達治・岩波新書)
75 日本病 長期衰退のダイナミズム(金子勝 児玉龍彦・岩波新書)
76 人間にとって科学とはなにか(湯川英樹 梅棹忠夫・中公クラシクス)
77 日本劣化論 (笠井潔 白井聡・ちくま新書)
78 徒然草(吉田兼好 武田友宏・角川ソフィア文庫
79 日本の反知性主義 (内田樹編・晶文社)
80 報復の連鎖 権力の解釈学と他者理解(A・シェップ 斎藤博訳・学樹書院
81 偽りの戦後日本(カレル・ヴァン・ウォルフレン 白井聡・角川書店)
82 哲学はなぜ役に立つのか (菅野稔人・サイゾー)
83 「戦後」の墓碑銘 (白井聡・金曜日)
84 文化亡国論 (笠井潔  藤田 直哉・響文社)
85 ナショナリズムとグローバリズム 越境と愛国のパラドックス
(大澤真幸・塩原良和・橋本努・和田伸一郎・新曜社)
86 アメリカ政治の壁 利益と理念の狭間で (渡辺将人・岩波新書)
87 戦後イデオロギーは日本人を幸せにしたか「戦後七〇年」幻想論
(古谷 経衛・イースト・プレス)
88 本に語らせよ(長田弘・幻戯書房)
89 露出せよ、と現代文明は言うー「心の闇」の喪失と精神分析ー
(立木康介・河出書房新社)
90 人類の衝突 思想、宗教、精神文化からみる人類社会の展望
(島薗進 橋爪大三郎・サイゾー)
91 さらばアホノミクスー危機の真相ー(浜短子・毎日  新聞出版)
92 徹底検証 安倍政治 (中野晃一編・岩波書店)
93 戦争思想2015 (西谷修他・河出書房新社)
94 虚構の方法・世界 (西郷竹彦・光村図書)
95 親鸞 (亀井勝一郎・春秋社)
96 経済の時代の終焉 (井手英策・岩波書店)
97 属国民主主義論 (白井聡、内田樹・東洋経済)
98 空間のために 潜在化するスラム的世界の中で(篠原雅武・以文社)
99 ヨーロッパ・コーリング 地べたカラポリティカル・レポート
(ブレイディみかこ・岩波書店)
100 知の発見 「なぜ」を感じる (中村桂子・朝日出版社)
101 反知性主義とファシズム (佐藤優、斎藤環・金曜日)
102 時代の憂鬱 魂の幸福 (張競・明石書店)
103 人類の未来と地球科学 (井田喜明・岩波現代全書)
104 思想史としての現在日本(キャロル・グラック 五十嵐暁郎・岩波書店)
105 紋切型社会 (武田砂鉄・朝日出版社)
106 ポストモダンを超えて (三浦雅士編・平凡社)
107 数学の言葉で世界を見たら(大栗博司・幻冬社
108 物語 数学の歴史 (加藤文元・中公新書)
109 数学は歴史をどう変えてきたか(アン・ルーニー 吉富節子訳・東京書籍
110 天に向かって続く数 (加藤文元、中井保行・日本評論社)
111 数学者の哲学 哲学者の数学(砂田利一 長岡亮介 野家啓一・東京図書
112 心はすべて数学である (津田一郎・文藝春秋)
113 数学を記号で読む辞典(瀬山士郎・技術評論社
114 Xはたのもしい (スティーブン・ストロガッツ 富永星・早川書房)
115 どんな数にも物語があるー驚きの発見の数学ー
(アレックス・ベロス 水谷淳訳・クレイティブ)
116 感動する数学(桜井進・海竜社)
117 オイラーの贈物 (吉田武・東海大学出版会)
118 高校数学がまるごとわかる(間地秀三・ベル出版)
119 数学する身体  (森田真生・新潮社)
120 ふたたびの微分積分 (水野裕之・すばる社)
121 大人のための数学勉強法 (水野裕之・ダイヤモンド社)
122 数学の想像力 (加藤文元・筑摩書房)
123 いっきにわかる重要関数(池田洋介・中経出版)
124 人工知能と経済の未来ー2030年雇用大崩壊ー 井上智洋・文春新書)
125 中国化する日本ー日中「文明の衝突」一千年史(與那覇潤・文藝春秋社)
126 <日本の思想>講義 ネット時代に、丸山眞男を熟読する(仲正昌樹・作品社)
127 現代思想の転換2017-知のエッジをめぐる五つの対話(篠原雅武
中村隆之、小泉善之、藤原辰史、千葉雅也、ティモシー・モートン・人文書院)
128言葉はこうして生き残った(河野通和・ミシマ社)
129 現代の現代性-何が終わり何が始まったか 岩波講座1
130 全体性と内蔵秩序-新しい世界像の誕生 D・ボーム 青土社
131 日本文化のかくれた形 加藤周一、木下順二、丸山眞男、武田清子
    岩波現代文庫
132 岩波講座「現代」-現代の現代性-大澤真幸他  岩波書店
133 経済成長がすべてか? マーサ・C・ヌスバウム 小沢自然、小野政嗣訳
    岩波書店
134 現代思想2016.1「ポスト現代思想」 青土社
135 現代思想2017.1「トランプ以後の世界」 青土社
136 ハンナ・アーレント 對島美千子著 法政大学出版
137 哲学とは何か ドゥルーゾ・ガタリ 財津理訳 河出書房新社
138 人間ならざるものの環境哲学・複数制のエコロジー・篠原雅武著 以文社
139 変態する世界-ウリッヒ・ベック・枝廣淳子+中小路佳代子訳・岩波書店
140 ジャック・デリカと精神分析・守中高明著・岩波書店

エッセイ一覧

新しいエッセイから順になっています。ブログの一覧から読みたいエッセイを表示することができます。

136正の財(グッズ)と負の財(ブッズ)の狭間で
135人工空間と時間尺度の変化がもたらすもの
134縦の流れと横の流れが醸し出す
133政界を揺るがす問題に思う
132「見える存在」と「見えない存在」の狭間
131デジタル社会におけるアナログの意義
130共同体の構築と人的資源への投資
129現代の対立軸は何か
128哲学を語ってみる
127タテマエとホンネの狂騒曲
126存在にリアリティを感じる
125成長戦略の練り直しを
124時の人トランプ大統領、再び!
123知識は知のためにならず
122断片化がものの考え方を狂わせる
121本は生きている
120FUNAGENノートを振り返って
119知識が断片化する社会
118最近思うことー読む、見つめる、考える
117この国のかたちー2ー
116自由と平等のジレンマ(「自由の条件ースミス・トクヴイル
・福沢諭吉の思想系譜ー・猪木武徳・ミネルヴァ書房)
115暇と退屈の現実
114哲学や人文科学を学ぶ意義
113日本経済の実態に思う
112断絶社会の様相の中で
111考えること、語ること
110表現することの意味
109自分を高めよう
108遠近感の有る世界、ない世界
107存在にたいする区別と差別ー「いじめ問題を考える」
106トランプ現象のもたらしたもの
105存在に魅せられてー鳩ノ巣渓谷にてー
104存在を見失う社会
103一般と特殊について
102空間の破壊とその再構築
101バイオテクノロジーの抱える問題(いま、世界の哲学者が考えていること
・岡本裕一郎・ダイヤモンド社)
100哲学の今とイT革命(いま、世界の哲学者が考えていること・岡本裕一郎・
   ダイヤモンド社)
099存在が表現する
098読書ノート「人類の衝突に思う」(人類の衝突 思想、宗教、精神文化からみる人
   類社会の展望・島薗進・橋爪大三郎・サイゾー)
097空間の効用
096存在と時間について
095再び「存在と時間」について
094成熟社会の進む道
093歴史は繰り返すー液状化する世界ー
092感情動員社会の中で(感情で釣られる人々ーなぜ理性は負け続けるのか
   ー堀内真之介・集英社)
091哀愁列車は行く!しかしそれで良いのか?
090障害者施設の殺傷事件に思う
089消費者における暇と退屈の現実(「暇と退屈の現実」
   国分好功一郎・太田出版)
088政治とカネと現実
087格差と差別と戦う気力
086英国の貧困問題と日本(「ヨーロッパ・コーリングー地べたからの
   ポリティカル・レポート・ブレディみかこ・岩波書店)
) 085再度、日本経済の現状と課題ー政治家に言いたい!
084「決められる政治」とは言うけれど
083情報の信憑性が問われている
082アベノミクスの奇妙なトリック
081炎上現象がもたらすもの
080存在を見つめ直そう!(報復の連鎖を断ち切るために)
079新自由主義のもたらしたもの
078科学技術は万能ではない
077過保護と虐待、教育愛
076右傾化の波がおしよせてくる(「愛国と信仰の構造ー全体主義はよみがえるの
   か」・中島岳志・前園進・集英社新書)
075地方創生について考える(「この国のかたち」・平田オリザ・講談社現代新書)
074アイドル殺傷事件に思う
073現在と過去、陰と陽にかかるヴェールを取り払おう(「ぼくらは未来にどう
  こたえうるか もうひとつの世界は可能である」の中の
 「死者・デモクラシー無縁」・中島岳志・左右社)
072成熟社会の中で考える(「ぼくらは未来にどうこたえうるかもうひとつの世界
  は可能である」の中の「成熟社会の経済のありかた」・小野善康・左右社)
071森の仲間も考えています(森は考える・エデウアルド・コーン・亜紀書房)
070読書ノート「思想史としての現代日本」(キャロル・グラック・五十嵐暁朗
   ・岩波書店)から学ぶ
069考えるためのヒント2
068考えるためのヒント
067文明の衝突について考えたこと
066テレビ今昔物語
065読書ノート「戦後思想の光と影」(三浦信孝編・風行社)から学ぶ
064政治を語ろう
063保育園反対騒動は陰陽のない世界の産物
062「私の存在」との出会いは一瞬
061陰陽の世界と現実
060カルチャーについて考える
059「知性」について考える
058ポストモダンを越えて、これからの道(ポストモダンの先はどうなる
   ・三浦雅士編 ・平凡社)
057豊かな心の土台
056この国のかたち(「永続敗戦論」・白井聡・「偽りの戦後日本」・ウオルフレン
   ・白井聡・「日本戦後史論」・内田樹・白井聡)
055偶然と必然(「カタストロフからの哲学ージャン・ピエール・デュピュイを
   めぐって・渡名喜康・森元康介・以文社)
054日本経済・現状と課題(「日本病」・金子勝る・児玉龍彦・岩波新書)
053読書ノート「数学する精神」(加藤文元・中公新書)
052心と脳・複雑系科学の心の捉え(「心はすべて数学である」
   ・津田一郎・文藝春秋社)
051地球の仲間のお話・我が家の仲間のエピソード
050私と存在との対話「報復の連鎖(A・シェップ・学樹書院)を読んで
049「特定の誰かの利益」から「人間の利益」への経済政策
   (「経済の時代の終焉」・井手英策・岩波書店)
048哲学を学ぶことの意義(「考えるヒント・小林秀雄
   ・「新考えるヒント・池田晶子・「池田晶子 不滅の哲学」・若松英輔)
047考えるということ
046「読む、学ぶ、考える」
045読書ノート「科学技術の今日的課題」
  (「科学技術の危機、再生のための対話・池内了・前園進・合同出版)
044「見て、そして考えること」
043読書ノート「オン!」(池田晶子・埴谷雄高・講談社)
042読書ノート「言葉・生と死・存在の意味を問う」(「犬の力を知っていまか?」
  ・池田晶子・毎日新聞出版)
041読書ノート・見る力は魂の営み 若松英輔
   (「叡智の詩学 小林秀雄と井筒俊彦」・若松英輔・慶応義塾大学出版会)
040詩の心を語る「意識と本質」井筒俊彦
039紅葉は語る
038私のポエム・「つばきが咲きました」「半月湖」「もみじ」
037日本・これからの道(「知の現在と未来ー資本主義の国家の未来」・岩波書店)
036片付け談義
035美の意味と課題
034知の意味と課題
033風景に語らせる
032停滞時代の変革願望症候群
  (「大停滞の時代を越えて」・山崎正和・中央公論新社)
031宮沢賢治の世界と現代
  (「デクノボーになりたいー私の宮沢賢治・山折哲雄・小学館)
030「時代の憂鬱 魂の幸福」(張競・明石書店)
029光と影を捉えよう
028紅葉の季節
027読書ノート「理解と情念の狭間」
  (「数学する身体」・森田真生・新潮社)
026日本社会の劣化に思う
025鑑賞について
024マンション傾斜問題はなぜ?
023現代文明の危機
022読書ノート「戦争の意味と日本の道」
  (「戦争思想2015」・西谷修・笠井潔・河出書房新社)
021樺太(サハリン州)・恵須取(ウグレゴルスク)の思い出
020コスモス撮影雑感
019出かけた時思ったこと
018道具と心
017科学する心
016家庭に文化を!
015愛犬ゲンの思い出
014読書ノート「文化を考える」
   (「文化亡国論」・笠井潔・藤田直哉・響文社)
013私の一日
012最近気になること
011読書の意味
010学ぶことの意味
009読書ノート「現代の超克」から学ぶ
  (「現代の超克」・中島岳志・若松英輔・ミシマ社)
008読書ノート「ストップ・ザ・生態系」「生物学的文明論」本川達雄)
007自然や花との対話から撮影は始まります
006詐欺事件に注意を!
005読書ノート「知の今とこれから」(「ケンブリッチ数学史探偵」
  ・北川智子・新潮新書「現代日本の四つの危機」・斉藤元紀編・講談社)
004読書ノート「反知性社会について考える」
003私のPCライフ
002芸術について考える
001文明の危機ー心をむしばむ現代文明の背景を探る